コラム・新着情報

4月の「もっともっと大賞」

日々の小さな成果を可視化しよう!

★店メンバーからの声
スパン効率を上げるために、スパン表を毎日つけていますが、強化スパンは1日に何点販売するのかの目標点数を表に記入した方が、よりわかりやすくなると思います。

<提案の背景>
この店では売上アップの為に、ゴールデンスペースを活用しようと「スパン効率を上げる」をテーマに取り組んでおり、毎月の店会議や週ミーティングで目標と実績を確認していました。
具体的には、3つの強化スパンを設定し、その強化箇所のスパン効率&回転率を上げるために下記のような取り組みをしていました。

①コーディネイト展開ゾーン
②在庫が多くあり、カラー豊富なニット集積ゾーン
③カットソーやキャリーのニットの安価商品(プラス1点)ゾーン

毎日スパン表をつけているので、どのスパンから何点売れているのかは、見てわかるようになっていましたが、目標が何点で実績が何点ということは、表を見ただけではわかりませんでした。

<提案の実行>
この意見をもとに、当月からスパン表に強化スパンの目標点数を記入し、目標をクリアした日は 赤で〇をするようにしました。(改善後写真参照)

<実行後の変化>
スパン表はレジ横に貼ることで、1日の目標点数、週間の目標点数に対しての進捗を全員が把握しやすくなりました。
目標点数を記入したことで、日々の営業中も目標に対してあと何点なのかわかりやすくなりました。
今後も、回転率を上げるために、どのように展開していくのか、意見を出し合いながら、より精度を上げていきたいとのことです。

<ここがポイント!>
・重点スパンに対して、詳細な目標を皆が見える場所に可視化して掲示し、その進捗をタイムリーに把握できるようにした。
・あと目標までどれくらいの販売が必要なのかわかることで、具体的なアクションを皆がわかり、対象スパンを念頭に接客できるようになった。

今月の「もっともっと大賞」は、いかがでしたでしょうか?
「現場を持っている」コンサルタント会社“ワンスアラウンド”の日々の現場の様子を少しでもお伝えできましたでしょうか?
ワンスアラウンドには、各店舗の現場メンバーが日々の業務をもっと良くする為の「改善」や接客時の「気づき」などを積極的に提案&共有し皆で高め合っていく仕組みがあります。
この仕組みは、「もっともっと」と社内で呼ばれ、各店で継続している取り組みを本部含めた全社で共有し、月毎に「もっともっと大賞」としてゴールド、シルバー、ブロンズ賞を選出し、その好事例を毎月発行される社内報「もっともっとタイムス」で発表しています。また、実際の店舗での取り組みを全社で共有しながら、コンサルタントチームや研修講師はクライアント様の悩みを理解し、今必要な「ソリューション」のご提案に活かしています。
このコラムでは選出された賞の中から、当社らしさを感じていただける取り組みやエピソードを月に一度ご紹介しています。
来月も当社らしいエピソードや取り組みをご紹介していきたいと思いますので、是非定期的にHPをチェックしてみてください。

一覧へ戻る

Translate »