コラム・新着情報

2月の「もっともっと大賞」

お店での取り組み紹介
「全員が理解して動く事が(自責)結果に繋がる!」

★店メンバーからの声
アウター強化の為、売れ筋TOP4を用いたアプローチトークの朝礼訓練を取り入れるようにしたが、皆でトークを出し合う事で自分では気付けなかった部分や言い回し等、参考に なるとの声をもらった。
来月からもTOP4に特化した訓練で、アウター強化に努めていく。

<提案の背景>
A店舗は、下期の売上対策として、前年不調だったアウターを強化アイテムとしてあげ、取り組むことにした。
売上前年比120%、アウターTOP4品番の構成比55%(前年は4品番で構成比50%)の目標設定をし、それに向かっての実行項目を決めていった。

<提案の実行>
実行項目を2つ設定。
① 毎日の朝礼時に目標実績に対しての進捗確認と実績差異を共有し、当日の目標を修正。
② TOP4品番のアプローチトークリレーを実施。
※アプローチトークリレーとは、1つの商品についての特徴を一人1つずつ順番に言っていき、商品説明表現の幅を拡げる現場教育方法で、ゲーム感覚で楽しめるようにしている弊社の教育ツールです。これにより、全員が同じレベルで接客出来ることを目的にしています。

<実行後の変化>
■初月のアウター販売売上結果
アウターTOP4の構成比は前年と変わらず50.6%も、アウター売上は前年比120%を達成。
訓練を行う事で苦手意識が無くなり、自分の担当商材でなくとも接客が出来るようになっていった。

■次月の実施項目を3つ追加
①アプローチトークリレーの対象商品をTOP4からTOP5に増やして朝礼訓練を実施。

②TOP5以外のアウターに担当制を設け、セールストーク表(写真)を活用し、個人の得意品番を作っていくようにした。
※セールストーク表は、弊社で使用しているツールで、1つの商品に対して、ファーストアプローチ方法や、着心地、ケア方法など7つの項目に分けた表で、これを見れば複数の角度から見た接客方法がわかるようになっています。

③ 3つあるセクション対抗でのアウター販売コンペを実施

■アウターの2ヶ月めの結果
Aセクション前年比147.8%、Bセクション前年比137.9%、Cセクション前年比118.2%と各セクションが健闘し、店全体の売上を押し上げ、他店舗と比較しても好調に売上が推移する結果になった。

<ここがポイント!>
・目標に対する進捗を毎日の朝礼で共有することで、スタッフの参加意識が芽生え、モチベーションアップに繋がっていった。皆が参加することで、結果的に店全体の売上につながった。
・アプローチトークリレーという訓練をゲーム感覚で続けることにより、知らず知らずとスタッフの中に商品説明語彙が増えていき、担当セクション外の商品も接客できるようになっていった。
・TOP4のアウターでまずスタートし、その対象を徐々に増やしていき、最終的には接客できるアウター数を増やしていくことで、その効果を広げていった。

今月の「もっともっと大賞」は、いかがでしたでしょうか?
「現場を持っている」コンサルタント会社“ワンスアラウンド”の日々の現場の様子を少しでもお伝えできましたでしょうか?
ワンスアラウンドには、各店舗の現場メンバーが日々の業務をもっと良くする為の「改善」や接客時の「気づき」などを積極的に提案&共有し皆で高め合っていく仕組みがあります。
この仕組みは、「もっともっと」と社内で呼ばれ、各店で継続している取り組みを本部含めた全社で共有し、月毎に「もっともっと大賞」としてゴールド、シルバー、ブロンズ賞を選出し、その好事例を毎月発行される社内報「もっともっとタイムス」で発表しています。また、実際の店舗での取り組みを全社で共有しながら、コンサルタントチームや研修講師はクライアント様の悩みを理解し、今必要な「ソリューション」のご提案に活かしています。
このコラムでは選出された賞の中から、当社らしさを感じていただける取り組みやエピソードを月に一度ご紹介しています。
来月も当社らしいエピソードや取り組みをご紹介していきたいと思いますので、是非定期的にHPをチェックしてみてください。

一覧へ戻る

Translate »